東日本おがたま会

東日本おがたま会は、宮崎県立高千穂高等学校に在籍歴のある出身者で組織し、主として中部地域以東の同窓生を会員とする同窓会です。

野球部が来春のセンバツ出場に一歩近づきました!

野球部が来春のセンバツ出場に一歩近づきました!

秋の県大会で準優勝した我が高千穂高校野球部。九州大会では残念ながら1回戦敗退となりましたが、来春の第89回選抜高校野球大会の「21世紀枠」候補9校のうちの1校に選ばれました。

各地区から推薦された候補校は以下の通りです。

北海道 北海道富良野高等学校
東北 岩手県立不来方高等学校(岩手)
関東・東京 栃木県立石橋高等学校(栃木)
東海 岐阜県立多治見高等学校(岐阜)
北信越 富山県立富山東高等学校(富山)
近畿 洛星高等学校(京都)
中国 鳥取県立倉吉東高等学校(鳥取)
四国 高知県立中村高等学校(高知)
九州 宮崎県立高千穂高等学校(宮崎)

来年1月27日の選考委員会でこの9校の中から3校が「21世紀枠」としてセンバツに出場します。

春の高校野球=センバツの主催である毎日新聞社の記事から21世紀枠の選考方法を引用します。

21世紀枠選考方法

第1次選考では、単独地区扱いとなる北海道を除く46都府県高野連が地域の毎日新聞支局などと協議し、各1校を推薦。さらに8地区に分けて2次選考を行い、北海道を含む9地区で各1校の候補校を絞り込んだ。

センバツ選考委員会当日に「21世紀枠特別選考委員会」(委員長=八田英二・日本高野連会長)を開いて出場校3校を決める。特別選考委ではまず、東日本(北海道、東北、関東・東京、東海、北信越)と西日本(近畿、中国、四国、九州)から1校ずつ選び、残り1校は地域を限定せずに選出する。残った6校は一般枠の推薦校として、各地区小委員会での選考対象に加わる。

引用元の記事はこちら: http://mainichi.jp/koshien/articles/20161216/k00/00e/050/272000c#csidx512b96b122ac8c298ca3b47f16abc95

++ 引用ここまで ++

 

高千穂高校のユニフォームが甲子園のグラウンドにデビューする日はもうすぐそこ!頑張れ野球部!

みなさんも応援やご支援、どうぞよろしくお願いします。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です